ずっと気になっていた弟の芯の強さ

わたしには3歳下の弟がいる。

弟は実家を出ていて一人暮らししている。

生活力があまりない気がするし、料理もほっとんどできないから姉ちゃんいつも心配。

この心配性は小さいころからで「お節介」として伝わっていた。

わたしからみた弟

・ブレない、動じない
・根拠のない自信がある

だから芯が強いなっていつも思っていた。

ブレない

「自分は自分、他人は他人」と干渉しないし、気にしない。

まじで。

小中と同じ学校に行っていたから嫌でも姉であるわたしと比べられることが多いと思うんだけど、

「姉ちゃんは八方美人だから」で済ますらしい。

悔しいとか、追いつきたいとかない。

誤解されたら嫌だから弁解させてほしい。
決して八方美人ではない。
それなりに勉強ができて、それなりに運動が出来て、それなりの成績を修めていただけ。

人懐っこかっただけ。

根拠のない自信がある

自分で大丈夫と決めたことは大丈夫なんだよね。

学生時代の弟はお世辞にも頭が良いとは言えない。

だから高校進学のときはハラハラした。

それでも「大丈夫」と言い張る弟。
無事に公立高校へ進学できたんだが、それは塾へせっせと行かせたおかんのおかげかと。

弟自身が一体なにが、どう大丈夫なんだかわからない。

大人になった弟

決して頭が良いとは言えないし、勉強も苦手だし、
ゲーム以外のことに関しては意欲がない弟。

このまま大人になって、社会人としてやっていけるのかすごくすごく心配だった。

だから、
弟が一人暮らしを始めたばかりの頃、家庭訪問と称して一度家に行ったことがある。

THE 男の部屋。

小さなテーブル、テレビ、PC、布団。

冷蔵庫の中は賞味期限が切れたタレ。

そんな部屋。
6品ほど常備菜を作ってわたしは合コンへ行った。

それは3年ぐらい前の話なんだけどさ。

最近はコロナで暇で、おとんに聞きたいことがあったからおとんに電話。

そのノリで弟にも電話した。

普通に平日だから仕事だとわかっていたけど、どうせリモートだろう、と思ってかけた。

結果、2時間弱電話していた。
すごい。

こんなに会話が続いたことがすごい。
(お互いの共通点は両親が同じ人以外ないから)

電話の途中で何度も弟の口から出てきた言葉は

「なんでおんなじ親から生まれて育ったのに
 こうも考え方が違うんかね」

そ・れ・な!

弟と私の違い

内向的、思考重視、目的意識強い、目標設定して突き進む、自分の考えがブレない

わたし

外交的、感性感覚派、ノリと勢い、社交的、フットワーク軽い、安心安定を求める

こんな感じで真逆。

なんでおんなじ親から生まれたのにこうも違うんだろうね
っていう弟の問に対しては

お互いのこういう性格からして育ってきた環境は同じでも人間関係が違いまくりだからじゃないかなって思う。

弟の仕事・交友関係の全部はわからないけど、わたしの方が3年長く生きているのを抜きにしてもいろんな人に会って、いろんな価値観に触れていると思う。

これが良い、悪いではないけど、

人の影響を受けにくい弟と
人の影響を受けやすい姉

ということもあって、考え方に差があるのかな。なんて。

気付けばコンサルに

弟の職業はエンジニアだ。
(プログラマーだったかな?まぁいっか)

決してコンサルタントではない。
コーチングもきっと学んでいない。

でも、弟の言うことは姉のわたしには響くものばかりだった。

弟にエレコを勧めて一緒にエレコを受けた。

ときどき何かをつぶやく弟に対して、
「なんで?」と聞くと語録みたいな返答がくる。

そのうちわたしのコンサルみたいになっていくんだけど・・・

例えば、

【 世界に中心は自分か否か 】

弟「自分が中心にいなかったらそれはAIだ」

私「そうは思ってない人もいると思うよ」

弟「そう思っていなくても、その自分が中心だと思っているんだよ」

ふむ、なるほど。

自分を置く場所はどこに置くかみんな違っているけど、この世界が球体だとしたらピンを挿した場所は全部中心。

みたいなことかしら。

【 あなたにとって生きるとは? 】

弟「暇つぶし」
「生きる意味はないけど、生きてて楽しいことはある」

「暇つぶし」に同意。
それは姉ちゃんもよく(病むと)思うわ。

【 悩みってないの? 】

弟「ないよ。悩んだところで何も変わらない。
悩むだけ無駄」

「強いていうならお風呂にある汚れが取れない。
床のキズどうしようってことかな」

「悩む人は今に満足していない」
「何か楽しいことを見つけたり、夢中になると
いいんじゃない」

こいつ火人間かな・・・。
ごもっともなことばかりだなぁ・・・。

【 理想について 】

弟「理想は抱くけど悩むことはない」
「理想を抱く人はそれを本気にするからいけない」
「理想度が高いんだ」
「目標設定してなれるものでないなら
できない目標を掲げる意味はない」
「目標はできるものを。できないなら立てない方がいい」

ごもっともでございます。。
あぁ、目標設定って苦手。

【 罪悪感についてどう思う? 】

弟「罪悪感があったとしても何かを取り返そうと思わない」
「必死こいて何かをしようと思わない。
そこで焦っても仕方ない」

罪悪感にさいなまれているわたしとは大違いや・・・

【 自分のこと好き? 】

弟「好き」
「自分で自分が嫌いって生きてて辛くない?」
「メンタルの病院いった方がいいよ」

あ、そうです、、よね、、、

【 相談について 】

弟「相談は自己満足。言う側の満足」
「いっとき楽になるから言えばいいんじゃない」
「相談してもどうにもならないのは結局行動しないから」
「行動する人はそれを目標のしているから悩まない」
「結局行動するかしないか」
「何か嫌なことがあるならそれを解決するために
行動するしかない。
それができないなら一生悩むしかない」

「自分と同じような人に相談しあえば満足するんじゃない」

ひえええええぇぇぇぇ。。。
悩んでるけど、進んでないようにみえるけど、2歩進んで1歩下がるから進んでる・・・もん・・・・
この人、風かな。。

【 自己肯定感すごいね 】

弟「自己肯定感じゃない。現実をみているんだ」

げん・・じつ・・・
(わたしの目に映る世界はなんだろう・・・)

【 自分で自分をどう思ってる? 】

弟「そんなことは考えたことない」
「この質問が一番困る。そんなのわかんなくない?」
「ほんとの自分はわからない」

私「わからないから柔軟に考えられるの?」

弟「決めつけるからいけないっていうのはあるかもね」

私「決めないって難しくない?」

弟「感情じゃない。数値で測るんだ。
目的を達成するために目標を立てる。
定量的に数値を決める」

(あたま沸騰・・・)

自分が普段コンサルで言われがちなことをズバズバと言われ、痛いところつかれまくりました( ´_>`)

弟のエレコ

我が弟ながら考え方が全く違ってなんか尊敬した。

「定量的に」とか
「数値で」とか
感覚人間のわたしには難しいことばかり。。

弟はずっとエレコでいうと「」だと思ってたけど診断結果みたら「」でした。

表出は水もあるから水水話し掛けられて不本意なこともありそうだけど自分がブレないからなんとかやっていけるのかな。

今はなんともないけど、
弟が人生最大の局面を迎えるときは

「人との繋がりを求めたとき」

と琢磨さんが言った。

一人の世界に閉じこもることができる弟。
1ヶ月以上引き籠ってテレワークをしていても苦じゃないそう。
自分の意見というか軸もしっかりもっているからわたしのように人に影響されてブレることもない。

そんな人間が人との繋がりを求めたとき、

「この生き方ではダメだ・・・」

と思って大きな壁にぶち当たるんだそう。

結婚とか、人と一緒に生きることを意識したとき。

孤独に耐えられなくなったとき。

それがいつくるか。

わからないけど「30年後ぐらいかもね」って。

弟がそうなったときに
「だから言ったじゃーーん」とか
「そんなんじゃダメだよーーーー」とか

否定ではなく
「そっかそっか」

って大きな愛で受け入れられる姉でありたいなって思った。

そのためにももっと自分の水を綺麗なものに濾過させてあげよう。

弟からしたらきっと余計なお世話なんだろうけど。

お姉ちゃんはいつも君のコトを心配しています。

君の明るい未来を願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする